美人かどうかは鼻で決まる

鼻尖縮小術とは

理想の鼻

鼻整形では、他にも鼻の形状を整えることにより、団子鼻をきれいな鼻に変えることができます。
鼻尖縮小術と呼ばれる手術法を用いることで、鼻の形をスッキリとさせることができるのです。
鼻の先を細くすることにより、顔の印象をがらりと変えることができるのです。
鼻整形では、隆鼻術に見られる鼻を高くする方法以外にも、鼻尖縮小術によって印象を変えることが可能です。
団子鼻の状態では、見た目としても不格好であり、顔の印象もパッとしない場合が多くありました。
しかし、鼻尖縮小術によって鼻の形状をシャープなものとすることで、顔全体を引き締まった印象にすることができるのです。

鼻尖部というのは、鼻の穴の中央を通る部分であり、こうした部分を細く、長くすることで顔のバランスを整えます。
日本人に見られる鼻の構造として、西洋人と比べて鼻の形状を構成する軟骨の形による差異があります。
西洋人に比べて、形状が丸くなりやすいため、問題となる軟骨を切除することにより、鼻の形を整える事が可能となるのです。
他にも、鼻翼軟骨の切除したあと、切除した軟骨を利用し、鼻の形状を整えるやり方もあります。
日本人の軟骨は、西洋人と比べて柔らかいため、鼻尖縮小術によっても形状を整えるため、支柱となるものが必要となります。
切除した鼻翼軟骨を使用し、支柱とすることで、曲がったりしないある程度の強度を保ったものとすることができるのです。

こうした鼻尖縮小術を利用することで、理想的な鼻の形状とすることができます。
ほかにも、同時に鼻を高くすることや、鼻を小さく見せる事も可能です。
鼻の形状を整えたとしても、鼻の高さが足りない場合は全体の印象として変わった印象を受けないため、物足りなさを感じる人もいます。
こうした人のために、鼻尖縮小術と同時に隆鼻術を施すことで、同時に理想的な高さの鼻にすることができるのです。
鼻の形状によるバランスを考慮しながら、医師の手で最適な形状の鼻としてくれるため、手術後の見た目も非常に優れたものとなります。