美人かどうかは鼻で決まる

コンプレックスの元となる鼻の形

多くの人が、顔に対するコンプレックスの一つとして、鼻の形に対して不満とする場合があります。
美人の芸能人や外国のモデルなど、きちんと鼻筋の通った人は顔立ちもはっきりとするため、そういった鼻の人はみんな美人に見えるものです。
しかし、日本人の多くがああいった理想的な鼻を持っているわけではなく、平坦な団子鼻である人が多いのです。

きちんとした化粧をしたとしても、この団子鼻が足を引っ張ってしまうため、化粧映えがしない原因ともなります。
ですが、化粧方法などでこうした鼻の高さを変える事や、印象を変化させるのは難しいものであり、鼻の高さを変えたい場合は美容外科などで鼻整形を行なう必要があるのです。
美容外科での鼻整形を行なうことで、きちんとした鼻筋の通った顔になることができます。
シリコンや人工骨を埋め込む隆鼻術などで、鼻を高くすることで顔に凹凸を生み、化粧映えもする美しい顔立ちにすることができます。
他にも、横に広がる鼻の形を整える鼻翼縮小術なども受けることができるため、顔の印象を大きく変えることが可能となります。

目の大きさなどは、マスカラやつけまつげなどを使用することで、ある程度は大きくみせる事は可能です。
まつげを長くすることで、長いまつげによる輪郭が目の大きさを補正してくれるため、目が大きく見えるように錯覚させることができるのです。
しかし、鼻の場合そうはいかず、美白化粧品によって肌を白くし、陰影を目立たせないようにしても、顔の中央にあるためどうしても目立ってしまうのです。
こうした鼻へのコンプレックスは、美容外科を受診することで解消することができます。

整形手術といえば、多くの人が嫌悪感を抱いたりするものですが、一方で整形手術には人の持つコンプレックスを解消し、前向きな考えを持てるきっかけともなります。
今まで自分の鼻について不満を持っていたことや、鼻のことで馬鹿にされたことで、心に拭い去れない傷が出来てしまい、考え方も内向的になりがちとなっていた人も多くいます。
そういった人であっても、鼻整形を行なうことでポジティブな考え方を持てるようになるため、こうした整形手術が人生の転機となり、前向きな人生を送ることができるようになるのです。

ポピュラーなシリコン

多くの鼻整形などで利用されるものとして、シリコンの挿入が挙げられます。
弾性も人の軟骨そっくりであるため、触られても人に気付かれることはなく、加工もしやすい素材なので安価で手術が受けられるのが特徴です。鼻を高くすれば、顔立ちもくっきりとします。

» 詳細を確認する

体から採取する方法

鼻整形では、シリコンを使用する方法以外にも、自分の体から軟骨を採取し、使用する方法も行えます。
元々自分の体であるため、拒絶反応が出ることはありません。また、軟骨を取り出したとしても、体に変調が現れる事もなく、体に対する影響はないのです。

» 詳細を確認する